謎の美女「祥子」を求めて
知らない私と会ってみたいと思うのです──。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祥子がけん玉に悶絶!?日常のセクシーを学ぶ『セクシーショット大百科』8月放送
 日々の暮らしの中に潜んでいる、見逃すともったいない“セクシーな瞬間”を学ぶ番組『セクシーショット大百科』が、スマホ向け放送局NOTTV(ノッティーヴィー)で8月2日、9日(日)に放送される。

 番組では、俳優・飯田基祐と謎の美女として今話題の祥子が、セクシーな瞬間“セック瞬”を再現ドラマを交えながら教育番組風に紹介。コメンテーターとして柴田英嗣が登場する。

 ドラマパートでは、サラリーマンの瀬久士実伊太(せくし・みいた)が遭遇する、「咳払いがあえぎ声に聞こえる」などのさまざまな“セック瞬”を紹介。また、スタジオでは、祥子が床のフリップを拾う、けん玉を握って悶絶するなどの“生セック瞬”も。思わず吹き出してしまうようなネタにも、あくまでもキャスターとして淡々と番組を進行する飯田、そのアシスタントとしてフェロモンを振りまく祥子、そして切れ味鋭いツッコミを入れつつも、つい“セック瞬”に前のめりになってしまう柴田のトークも必見だ。

 収録後、取材会が行われ「柴田さんが喜ぶ姿を見て手応えを感じました」という飯田に、柴田も「みんな喜ぶと思います」と収録を楽しんだ様子を見せた。また、「セクシーショットは嫌いじゃない♡」という祥子も、柴田の「今回のけん玉以外に握りたいものあります?」という質問に「リコーダー。長くて太いのがいいですよね」とノリノリ。

 最後に飯田は「どこでも気軽に見られるので楽しんでいただけたら」と。祥子は「たくさんの男性に見てもらいたいですけど、セクシーなポーズとかも学べる番組なので、女性にも見ていただきたいです」と語り、思わず「見ねーよ!(笑)」とツッコんだ柴田は「この番組をいかようにも使っていただければ最高です!」とメッセージを送った。
スポンサーサイト
Copyright © 2017 謎の美女「祥子」を求めて. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。